2010年05月03日

シナリオ攻略『サンゴの上の宮殿』

クリア条件

50年以内に50万ドルの観光収入と7万5千ドルのスイス銀行口座を得る

続きを読む
posted by クリス at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

カリブ海の長い手

どこの世でも派閥争いは起きるものだ。
それはトロピコでも例外ではなく
私は、資本主義派閥を切り崩すためのエージェントを探していた。
引き受けなければ私は資産を凍結され
二度とカリブ海で遊べないからだ。


というわけで難航したが、ようやくエージェントを見つけ出した。
男の名はエッセント・ラドロ。
左翼の作家で家庭第一主義を掲げた行政官素質を持つ学者肌。
偏執的で、気に入ったものがあるとすぐに持ってきてしまう悪癖もある。

つまり、こういうプレジデンテだ。

民主主義の期待度 非常に高い
総合的な敬意 マイナス10%
軍国主義者の派閥 プラス10%
宗教的派閥 プラス5%
共産主義派閥 プラス10%
資本主義派閥 マイナス10%
知識人の派閥 プラス35%
自由度 プラス20%
観光の評価 プラス10%
工場の生産性 マイナス10%
教育 プラス60%
建設費 マイナス10%
みやげ物店の維持費 プラス100%
警官が凶悪


こうして、私は彼を送り込み、命令を下し始めたのだ…。

続きを読む
posted by クリス at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

カリブの教育家

戦国が私を呼んでいる!
…ので、カリブ海から日本に帰ろうと思ったところに
一人の男がやってきて
「カリブ海の住民に教育の大切さを教えたい」と言ってきたので
私は日本に帰る前に協力することにした。

男の名前はエデュケート・ペダゴ。

資本学の教授で、行政にも明るく学者肌。
しかしうぬぼれ屋で口下手だったりする。

つまり、こういうプレジデンテだ。

民主主義の期待度 非常に高い
資本主義者の派閥 プラス5%
知識人の派閥 プラス20%
アメリカとの外交関係 マイナス15%
ソ連との外交関係 マイナス20%
自由度 プラス20%
工場の生産性 プラス20%
教育 プラス90%
建設費 マイナス10%
守備兵の最低給料20ドル
知性に程遠い人からの敬意 プラス10%



続きを読む
posted by クリス at 00:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

プロジェクトT〜カリブ海の工場を目指せ!〜

(今回のリプレイは、田口トモロヲの口調を思い出しながらお読みください)

一人の男がいた。
男は壮大な計画を抱えていた。
極貧の島…トロピコ共和国を
カリブ海の工場ともいうべき立派な島に発展させようという計画だ。

男の名は、ファブリック・インダスタ。
島の貧困層からのし上がったたたき上げの男であり
勤勉で経済に明るい。
しかし、彼のいうことは誰もがホラ話だと思っていた。
カリブ海に工業は似合わぬ。
農業で細々と生きるか、観光でしたたかに生きるか。
それがカリブの生き方だったからだ。

しかし、彼は諦めず、ペイパービュー放送で人を説得し…
そしてプレジデンテになったのである。

つまり、こういうプレジデンテだ。

民主主義の期待度 非常に高い
総合的な敬意 マイナス5%
宗教的派閥 マイナス15%
資本主義の派閥 プラス25%
知識人の派閥 マイナス15%
アメリカとの外交関係 プラス10%
ソ連との外交関係 マイナス15%
自由度 プラス20%
総合的な生産性 プラス10%
工場の生産性 プラス55%
銀行と店舗の建設費 マイナス25%
ペイパービュー放送の収入 年間1000ドル


(各自、脳内で『地上の星』を流しながら次へ進んでください)

続きを読む
posted by クリス at 11:05| Comment(9) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

アグリクルトゥーラ・トロピコ

その日、私はカジノでも行こうと思ったら
電波少年的な感じで、ある島に連れて来られて
そして、こう言われたのである。
「我が祖国ソビエトの食糧事情を解決せよ」と。

話はあまり理解できなかったというかしたくなかったが
やらないことには帰してくれそうもなかったので
私は協力することにした。

今回のプレジデンテの名前は、フェルダー・ランドヴィルト。
東ドイツの出身だというが、そこはつっこまない。
彼は農家の出身で、園芸の天才。
貧乏ゆすりの悪癖があり、口下手でもあるが勤勉で
根は真面目な男だ。
そんな男が、カリブのトウモロコシ農場島を制圧し
プレジデンテになったのだ。

つまり、こういうプレジデンテだ。

民主主義の期待度 非常に低い
総合的な敬意 マイナス5%
共産主義者の派閥 プラス20%
知識人の派閥 マイナス30%
環境保護論者の派閥 プラス10%
アメリカとの外交関係 マイナス25%
自由度 マイナス10%
総合的な生産性 プラス10%
工場の生産性 マイナス10%
農業の生産性 プラス60%
汚染 マイナス50%
ペイパービュー式放送の年間収入 1000ドル
知性に程遠い人からの敬意 プラス10%



続きを読む
posted by クリス at 00:48| Comment(12) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

旅ゆけば カリブの国に…

疲れきった私は癒しを求めて旅に出ようと思ったが
先立つものがないので諦めた。

そんなある日のこと、資本主義の王様から
超・観光国家を作ってくれと言われた私は
旅に出る代わりにその事業を盛り上げることで
旅行代わりにしようと思い立ち、一人の男をスカウトしてきたのである。

男の名前はトラベルト・バケーティオ。
世界中を旅して回った元・旅行業者で社交的。
行く先々でギャンブルと女を楽しんでいたそうだが
このたびホテル法人を買収したそうである。

つまり、こういうプレジデンテだ。

民主主義の期待度 適度
宗教的派閥 マイナス20%
共産主義者の派閥 プラス5%
資本主義者の派閥 プラス20%
知識人の派閥 プラス5%
環境保護論者の派閥 プラス5%
アメリカとの外交関係 プラス15%
自由度 プラス10%
観光の評価 プラス70%
犯罪発生率 プラス10%
全女性の敬意 マイナス10%
ギャンブルに年間300〜1500ドル使う
娯楽の品質 プラス10%
ゲームスタート時に無料でホテル設置可能
裕福な旅行者を引きつける
春休み旅行者を引きつける


続きを読む
posted by クリス at 19:23| Comment(7) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

カリブ海の小さな恐ろしい実験室

「アナタには失望した!」
私はそう政治学者氏に言い放つと、独自に研究を開始することにした。

アメリカとソ連、どちらに協力を依頼するか悩んだ末
私はアメリカに協力を依頼することにした。
ソ連は国を挙げて実験している最中らしかったからだ。

こうして、実験に協力してくれることになったのは
モデーエレフ・アブソルート。
アメリカ軍人でCIAとも関係が深く
仕事熱心で私財を使って島を買収した敬意を持つ。
しかし、金に対する執着心からか偏執的で
おまけに軍人らしくオイコラ口調なのである。

つまり、こういうプレジデンテだ。

民主主義の期待度 いくぶん低い
総合的な敬意 マイナス10%
軍国主義者の派閥 プラス40%
資本主義者の派閥 プラス20%
アメリカとの外交関係 プラス20%
自由度 マイナス50%
総合的な生産性 プラス10%
工場の生産性 プラス20%
兵士の練度 プラス15%
CIAの年俸 2000ドル
布告を出す費用 プラス30%
銀行と店舗の建設費 マイナス25%
警官が凶悪


こうして、カリブの海を舞台にした
恐ろしい抑圧実験がスタートしたのである…。


続きを読む
posted by クリス at 23:04| Comment(9) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

君にフリーダムトロピコが見えるかい?

西から昇ったお日様が東へ沈む
その日は朝から夜だった!

これは自由というより赤塚不二夫の世界である。

それはともかくとして、今回私は
BBCでモンティ・パイソンを見ようと思ったら
ニュースで戒厳令の出ている島で珍しく選挙を行うという知らせを聞き
政治の自由を研究している政治学者が
「自由を広めるよいチャンスだから、ウチの教え子で見込みのある子を
大統領に推挙して当選し、自由の素晴らしさを教えたい」
というので、彼のゼミ生の中から有望な子を選び
選挙に打って出て、見事当選を果たしたのである。

こうして、新しくプレジデンテになったのは
リベルタ・フライハイト。
大富豪フライハイト家の令嬢で
ゼミ生の中でも勉強熱心で日夜研究に勤しんでいる。
しかし病的なまでにギャンブル的行為に打って出るクセがあり
勝つためには卑怯な手段も辞さないという考えを持っている。
まぁ、そういう人物だからこそ今回の選挙に出馬したのだが…。


つまり、こういうプレジデンテだ。

民主主義の期待度 非常に高い
軍国主義者の派閥 マイナス5%
宗教的派閥 マイナス10%
共産主義者の派閥 マイナス10%
資本主義者の派閥 プラス30%
知識人の派閥 プラス20%
アメリカとの外交関係 プラス15%
自由度 プラス20%
観光の評価 プラス10%
総合的な生産性 プラス10%
工場の生産性 プラス30%
教育 プラス30%
期首の現金 プラス20%
ギャンブルに年間300〜1500ドル使う
兵士と支持者が戦闘で逃亡する確率2倍


こうして、島の統治が始まった…。


続きを読む
posted by クリス at 00:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

ザ・有頂天トロピコ

事情はなんだかよくわからないが
私はとある島のプレジデンテの後継者を決める会議に出席することになった。
6人の候補のうち、3人に絞られたところで私に発言の機会が回ってきた。
私はその中から1人を徹底的に推した。皆を説得した。

会議の結果、私の推した候補がプレジデンテとなることになった。
帰ろうとする私を彼は引きとめ、統治の手伝いをしてくれと
彼にしては低い物腰で頼んできたので、乗りかかった船と
引き受けることにした。

新しいプレジデンテの名は、カトルフィーア・トゥアール。
この島で一番金持ちだった前プレジデンテの四男で
人をひきつけるカリスマ性を持っているが
態度はえらく尊大で、おまけに自分がこの世で一番優れていると言ってはばからない。
しかし、根は優しいエンパシーの持ち主なのだ。

つまり、こういうプレジデンテである。

民主主義の期待度 低い
総合的な敬意 プラス35%
知識人の派閥 マイナス20%
アメリカとの外交関係 マイナス40%
ソ連との外交関係 マイナス10%
ラジオとテレビの独断的主張 プラス50%
守備兵の最低給料20ドル
布告を出す費用 プラス30%


こうして島の統治がはじまった…。


続きを読む
posted by クリス at 21:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

南国治安回復大作戦!

その日、ビーチでのんびりしようかと思っていた私は
オソレシヤの元帥から「かつて君がアドバイザーとして赴いていた島が
無法地帯と化し、荒れ果てている」と聞いたので
こっそりとその島を訪れた。

ひどいものだった。家は焼け畑は荒れ果て、無政府状態なのである。
そこで我々は宮殿を占拠していた無法者たちを追い出し
暫定政府として島を統治する、と高らかに告げたのである。

当然ながら島の住民にしては面白くない話である。
ゆえに、反逆する者も少なくないであろう。
(今回のプレイでは、反逆者の叫び声を設定してあります)

しかし、やらねばならんのだ。この島に秩序を取り戻すために。

そんな決意を秘めた男の名は、レストレット・セーファー。
警察本部長として長年勤勉かつ真面目に勤務していた過去があり
口下手で貧乏ゆすりの悪癖があるが、まぁ頼れる男である。

つまり、こういうプレジデンテだ。

民主主義の期待度 ほぼゼロ
総合的な敬意 マイナス5%
軍国主義者の派閥 プラス30%
宗教的派閥 プラス10%
知識人の派閥 マイナス10%
アメリカ・ソ連との外交関係 マイナス25%
自由度 マイナス30%
総合的な生産性 プラス10%
犯罪発生率 マイナス90%
軍事施設の建設費 マイナス25%
スイス銀行の禁止
ペイパービュー式放送の年間収入 1000ドル
知性に程遠い人からの敬意 プラス10%


こうして、長い戦いの日々が幕を開けたのである…。


続きを読む
posted by クリス at 23:22| Comment(14) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

トロピコぐんぐん物語

タイトルだけでも平和的にしてみたが、逆効果かもしれん。

それはそうと、オソレシヤ国の元帥だった人物が
私のところにやってきて「政情不安定な国の政権を奪取し
プレジデンテになりたい」と言ってきたので
私はカリブ海をあちこち回り、政情不安定な島を探した。
そして、彼を民間警備支援サービスの代表として送り込み
じわじわと権力を掌握させ、ついに前プレジデンテを追放して
政権の座につかせたのである。

こうして、トロピコの新しいプレジデンテとなった男の名は
ミリタリオ・ワーフォース。
軍人の家に生まれ、オリンピック選手並みに鍛え抜かれた体と
鋭い察知能力を持つスーパー軍人である。
しかし性格は尊大で、欲しいものがあると強引に奪ってしまう悪癖も持っている。
まぁ、そういう性格でなければ今回のような依頼はしてこないだろうが…。

つまり、こういうプレジデンテだ。

民主主義の期待度 ほぼゼロ
総合的な敬意 プラス10%
軍国主義者の派閥 プラス55%
宗教的派閥 マイナス10%
資本主義者の派閥 マイナス10%
知識人の派閥 マイナス15%
アメリカとの外交関係 マイナス20%
自由度 マイナス40%
工場の生産性 マイナス10%
犯罪発生率 マイナス20%
兵士の練度 プラス15%
軍事施設の建設費 マイナス25%
みやげ物店の維持費 プラス100%
布告を出す費用 プラス30%
スポーツ施設の建設費 マイナス20%
スポーツ施設の評価 プラス50%


ああ、どうなるんだろう…。


続きを読む
posted by クリス at 01:36| Comment(9) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

ネイチャー・ザ・トロピコ

トロピコをプレイしていると、知識人もだが
環境保護論者とも仲が悪くなることはしばしばである。
例えばココだと
それに基づいた縛りプレイをしているわけである。

まぁ、それはさておき環境保護論者からプレジデンテとして擁立してほしい人物の依頼があった。
彼女の名前はナチュラ・エンバイロ。
ヨーロッパの大学で自然科学の博士号を取った人物で
園芸の天才であり、人々に優しいエンパシーの持ち主。
だけど口下手で、気に入ったモノがあると
黙って持ってきてしまう困った癖もあったりする。
そんな彼女はにっちもさっちもいかなくなった前政権に
プレジデンテとして指名されたのである。

つまり、こういうプレジデンテだ。

民主主義の期待度 低い
総合的な敬意 プラス20%
宗教的派閥 マイナス10%
資本主義者の派閥 マイナス10%
知識人の派閥 マイナス15%
環境保護論者の派閥 プラス35%
アメリカとの外交関係 マイナス10%
ソ連との外交関係 マイナス10%
工場の生産性 マイナス20%
汚染 マイナス80%
建設費 プラス10%
みやげ物店の維持費 プラス100%
知性に程遠い人からの敬意 プラス10%


というわけで、彼女と一緒にレッツトライ。


続きを読む
posted by クリス at 01:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

インテリジェンス・トロピコ

さて、トロピコやってると知識人との仲が微妙なことはよくあることで。
そんな事態を危惧したのか、今回は知識人代表からのリクエストである。

彼らが擁立を希望してきた人物の名は、ウィズドゥ・ノウレッド。
知恵と知識に由来する名を持つ彼は、清廉潔白で学者肌。そして教授として腕を振るっていた過去がある。
だがしかし、教養の高さからか尊大でうぬぼれ屋だったりもするわけだが。
そんな彼を前政権は後継者として選んだのである。

つまり、こういうプレジデンテだ。

民主主義の期待度 低い
総合的な敬意 プラス10%
宗教的派閥 プラス10%
知識人の派閥 プラス50%
アメリカとの外交関係 マイナス40%
ソ連との外交関係 マイナス10%
犯罪発生率 マイナス30%
教育 プラス80%
守備兵の最低給料20ドル
布告を出す費用 30%
スイス銀行の禁止


そんなわけで、知恵と知識に基づいたトロピコ経営がスタートしたのである…。


続きを読む
posted by クリス at 01:25| Comment(7) | TrackBack(1) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

天国に一番近いトロピコ(トロピコの屈辱)

前回ガチガチの共産主義者を擁立して統治していたら
宗教家たちが激怒して私を異端者認定すると言ってきた。
いかん。このままではカノッサの屈辱ならぬ、トロピコの屈辱である。
無視することも考えたが、本当はそれなりに信心深い私は
彼らがスカウトしてきた人物を補佐することで
何とか許しを請うことにしたのである。

さて、今回擁立する人物の名前はレリージョ・フェイスマンである。
宗教と信仰をもじった名を持つ彼は
聖書の学者で清廉潔白。人々に優しいエンパシーの持ち主だが
こと宗教に関すると熱狂的信者で、おまけにケチなのである。
そんな彼を教会はプレジデンテに任命したのだ。

つまり、こういうプレジデンテである。

民主主義の期待度 いくぶん低い
総合的な敬意 プラス10%
宗教的派閥 プラス40%
共産主義者の派閥 マイナス10%
知識人の派閥 マイナス20%
犯罪発生率 マイナス45%
教育 プラス10%
建設費 マイナス5%
宗教関連施設の建設費 マイナス25%
スイス銀行の禁止
いかなる労働者にも、1月25ドル以上は支払えません。
住民は50%以上の頻度で教会を訪問します。


というわけで、天国に一番近いトロピコ計画…別名トロピコの屈辱計画は
はじまったのである…


続きを読む
posted by クリス at 21:32| Comment(11) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

レッドオーシャン イン トロピコ

というわけで、リクエストがありましたので
今回は赤いプレジデンテでプレイしたいと思います。
赤いと言っても赤井ほむら会長ではありません。
ガチガチの共産主義者という意味です。

名前は共産主義の象徴から、ハンマー・シックルに決定。

で、プレジデンテの特性を決めます。

住民の英雄でエンパシーを持っていて社交的。
だけどアル中で病的なうそつきな彼は、共産主義者として反逆し
政権の座についたのである。

その結果、彼の概観は以下の通り。

民主主義の期待度 非常に低い
総合的な敬意 プラス10%
宗教的派閥 マイナス35%
共産主義者の派閥 プラス35%
知識人の派閥 マイナス25%
ソ連との外交関係 プラス35%
自由度 マイナス10%
観光の評価 プラス10%
総合的な生産性 マイナス5%
農業の生産性 プラス10%
犯罪発生率 プラス10%
春休み旅行者を引きつける


では…同志よ、やってみましょう。


続きを読む
posted by クリス at 10:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

Hero of capitalism

というわけで、今回もリクエストがありましたので
資本主義の英雄でプレイしてみたいと思います。

名前ですが、資本主義とお金をもじって
キャピタリオ・ゴールドマンとしました。

経歴は御曹司、ホテルの法人組織を買い占めた
海外旅行の経験が豊富で財テクの天才。
うぬぼれ屋でギャンブル大好きなのが玉に瑕な
そんな彼の概観は以下の通り。

民主主義の期待度:適度
宗教的派閥:マイナス10%
共産主義者の派閥 マイナス10%
資本主義者の派閥 プラス55%
知識人の派閥 プラス5%
環境保護論者の派閥 プラス5%
アメリカとの外交関係 マイナス5%
ソ連との外交関係 マイナス10%
自由度 プラス10%
観光の評価 プラス50%
工場の生産性 プラス30%
期首の現金 プラス20%
守備兵の最低給料20ドル
銀行と店舗の建設費 マイナス25%
ギャンブルに年間300〜1500ドル使う
ゲームのスタート時に無料でホテルを設置
裕福な旅行者を引きつける


では、やってみましょうかね、王様。


続きを読む
posted by クリス at 00:23| Comment(10) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

星と縞模様のトロピコ

というわけで、リクエストにありましたので
超親米プレジデンテでプレイしてみようと思います。


名前はアメリカを代表する有名人から
ベンジャミン・イーグルとつけました。

リクエスト通り、ハーバード大卒、CIAが擁立、外交官の特性を持ち
ベンジャミンの由来となったベンジャミン・フランクリンから学者肌の特性を追加。
欠点はステレオタイプな陽気なアメリカ人っぽく
プレイボーイで病的なギャンブラーという感じに。

この結果、ベンジャミン・イーグルの概観は以下の通り。

民主主義の期待度 いくぶん低い
宗教的派閥 マイナス20%
資本主義者の派閥 プラス20%
知識人の派閥 プラス20%
アメリカとの外交関係 プラス75%
ソ連との外交関係 マイナス10%
自由度 マイナス30%
教育 プラス50%
CIAの年俸 年間2000ドル
ゲームのスタート時に無償の外相
全女性の敬意 マイナス10%
ギャンブルに使う年間の費用 300ドル〜1500ドル


うーむ、特性だけでここまでいけるものなのか…。

では、やってみましょう。

続きを読む
posted by クリス at 22:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

シナリオ攻略 『農園天国』

クリア条件

50年間無事に統治する


続きを読む
posted by クリス at 19:50| Comment(4) | TrackBack(1) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

2009年07月29日

殿下はお金儲けの夢を見るか?

さて。
トロピコの舞台はカリブ海です。
意外と知られてない気もしますが、『パタリロ!』の舞台、常春の国マリネラもカリブ海です。

というわけで、今回はパタリロ! の殿下こと
パタリロ・ド・マリネール8世で南国TTIをプレイしてみようと思います。

ただ、マリネラを再現しようとすると問題があるんですよね。

1:トロピコに金鉱脈はあってもダイヤ鉱脈がない
2:タマネギ部隊だけで400人いるのをどうしろというのだ
3:マリネラは食糧を輸入に頼っているが、トロピコでは自給自足が前提
4:マリネラで一番高い山は標高が2345m67cmだが、トロピコの限界標高は100メートル

などなど。

というわけで今回のテーマは
「パタリロ殿下はトロピコの難易度65%アイランドでも君臨できるのか?」にしたいと思います。


続きを読む
posted by クリス at 19:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 南国TTI(トロピコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。