2015年08月02日

そして、ついにこの日がやってきた。

そう、DK3の完全終了の日である。

続きを読む
posted by クリス at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

イブラシルの長い午後M 第100回

来週からの運営方針ですが
DK3以外の記事を少しずつ書いていこうかと思ってます。
今後の東雲ストライクも、よろしくお願いします。

続きを読む
posted by クリス at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

イブラシルの長い午後M 第99回

枯山水をテーマにしたボードゲームがドイツ日本でそれぞれ発売された。
紹介記事を読むと、どちらも違うゲーム性で興味深い。
コレに関連してアマゾンで枯山水を検索してみたところ
ミニチュア枯山水キットがいろいろ出ていた。
ソレも含めて、ちょっと欲しくなった。

続きを読む
posted by クリス at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

イブラシルの長い午後M 第98回

ヴィクトリア2の日本で、開国したけどすぐ鎖国プレイを
難易度ベリーハードでもやってみた。
列強にはなったが工場の経営難が相次いで国内に失業者があふれ
財政状態も社会保障も健全とは言いがたい状態であった。
なるほど、これでは海外進出を目指すのもやむなしか。
うまい人がやれば、この難易度でも乗りこなせるかもしれないけど…。

なお、ゲーム中に勃発した世界大戦に巻き込まれて
たまたま近くにいたオスマントルコ軍が日本列島に上陸。
陸軍ドクトリンが未発達で貧弱な日本軍は精鋭トルコ軍に各個撃破され
東京以西をすべて制圧されるというアホなプレイもしてしまった。
欧州で同盟軍が頑張って休戦条約に持ち込まなければ
あの時点で投了していたかもしれない。

続きを読む
posted by クリス at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

イブラシルの長い午後M 第97回

先日、ヴィクトリア2の日本で「開国してもすぐ鎖国」プレイを2回した結果
1.明治政府がフツーにボチボチ富国強兵し、そこそこの社会保障をする列強
2.大政翼賛会が派手に富国強兵し、北欧並みの手厚い社会保障がある列強
という結果になった。
どっちの方がマシなんだろね?


続きを読む
posted by クリス at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

イブラシルの長い午後M 第96回

安売りしているゲームというのはそれなりの理由がある。
そんな中で個人的に楽しめるゲームはないかと探すこともあるのだが
あまり良いゲームには恵まれない。
かといってプレミアがついているゲームが全部おもしろいかといえば
そうでもないわけで、そのあたりの見極めも大事である。
結局のところ、出費と満足度の兼ね合いだと思うのだ。
私はトロピコパラダイスアイランドに2万5千円以上を費やしたが
それだけの価値はあったと思う。そのあと3年近くは1日1独裁していたしなあ…。
4や5まで出た今では遊ぶのがしんどいけど。

続きを読む
posted by クリス at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

イブラシルの長い午後M 第95回

カイロソフトの中でも「海鮮すし街道」は適度なゲームバランスで実に面白いと思う。
回転寿司屋のレイアウトと調理メニューのクオリティアップに集中すればいいのが
とてもよい。最近のカイロソフト作品は本業以外にやることが多すぎて疲れるから
これくらいのバランスの方が何度も繰り返し楽しめるというものである。
しかし、日本一コンクールや国際コンクールよりも難しい巻き寿司コンクールって。
アストロノーカの条件コンクールみたいなものかしら。

続きを読む
posted by クリス at 11:28| Comment(2) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

イブラシルの長い午後M 第94回

ヴィクトリア2の明治維新の後、大反乱祭りになるのは仕様らしい。
なので慣れない人は南北戦争シナリオでプレイすると
比較的穏やかにプレイできるんじゃないかな、と
実際にプレイしてみて思った。


続きを読む
posted by クリス at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

イブラシルの長い午後M 第93回

ヴィクトリア1やハーツオブアイアン2は面白いのだが
ユニットの駒や取引の単位を手動で動かす手間が次第に面倒になってくる。
じゃあ、その辺がある程度自動化されている
ヴィクトリア2やハーツオブアイアン3はというと
ヒストリカルイベントがあんまりない風潮だったり
AIの挙動がいまいちよくわかんなかったりと
一長一短である…。



続きを読む
posted by クリス at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

イブラシルの長い午後M 第92回

ハーツオブアイアン3で、アシカ作戦や米本土上陸作戦を
どうやって決行するのか、よくわからない…。
もう4の日本語版を待つ方がいいのかしら。

続きを読む
posted by クリス at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

イブラシルの長い午後M 第91回

革新伊達プレイは島津と同盟して羽柴を挟み撃ちして終了。
岐阜から大和郡山までで大決戦、そのあとは消化試合という感じ。
輝宗のときは島津との同盟は絶望的だったのだけど
政宗になったら向こうから申し込んできたのでオッケー。
なお、五郎八姫は史実通りの婚姻にしました。
そういえば創造PK出るんだよなー。様子見てからにしよう。



続きを読む
posted by クリス at 09:54| Comment(2) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

イブラシルの長い午後M 第90回

先日から地味にやっている信長の野望革新の伊達家プレイ。
徳川家を倒し、ついに畿内を中心に圧倒的兵力を誇る羽柴家との戦いに突入した。
九州を維持して羽柴と血みどろの抗争を繰り広げているはずの島津と手を組むか…?

続きを読む
posted by クリス at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

イブラシルの長い午後M 第89回

なんだかんだでハーツオブアイアン3をFTMまでは揃えることが出来た。
AIへの委任能力がハーツオブアイアン2よりも上昇しているため
IF世界の第二次世界大戦を、よりマクロな視点から楽しめる。
この勢いでTFHも入手したいが、なかなか手が出せないお値段だ…。

続きを読む
posted by クリス at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

イブラシルの長い午後M 第88回

『シャーリー』の2巻発売記念に合わせ
東京で開催されている原画展を見に行った。非常に素晴らしかった。
あれは行く価値がある。実に良い。
あと、あとがきマンガでの森薫先生のテンションが
1巻の時と似たような感じで、とてもよかった。
それより驚いたのは『シャーリー』の舞台がヴィクトリア朝ではなく
エドワード朝と明記されていたことである。
言われてみると、電気の話などは確かにエドワード朝の時代のことなので
(ゲーム『ヴィクトリア』でも電気の発明は20世紀前後である)
そう考えると、シャーリーの時代は「古き良きイギリス」なんだなあと思う。
ちょうど、同作者の『エマ』(ヴィクトリア朝)より明るいけれど
徐々に不安な足音が(イギリスだけでなく、全世界的に)近づいてくる頃合いなのである…

続きを読む
posted by クリス at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

イブラシルの長い午後M 第87回

今週末には森薫先生の『シャーリー』第2巻が出るのである。
1巻が出てから11年ぶりであり、嬉しい。
記念イベントを東京でやるそうなので、余裕があれば行きたい。
体調と予算に相談してみよう。


続きを読む
posted by クリス at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

イブラシルの長い午後M 第86回

普通のゲームとネトゲ・ソシャゲのわかりやすい比較は
「ひとりで遊んでいる」のではなく「遊び場に自分もいる」点であろうか。
スタミナや課金要素あるいはサーバ環境のため、自分の思い通りにはならないのである。
もっとも、ある程度の操作によって自分の思うように誘導することもできるし
他の人と協力して遊ぶ楽しさもあるわけで、一概に悪いことでもないのだが…。
難しいものだ。

続きを読む
posted by クリス at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

イブラシルの長い午後M 第85回

お盆休み前後にハーツオブアイアン2をプレイしたのだけど
ドイツでポーランドを倒すのにゲーム内時間で1年半かかってしまった。
こんなヘッポコヒトラーは歴史の闇に埋もれるであろう…。

続きを読む
posted by クリス at 10:12| Comment(2) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

イブラシルの長い午後M 第84回

とあるソシャゲのガシャを何回か回しても
お目当てのキャラが出なかったので
出るまで課金しようかと思ったけれど
そこまでして遊びたいゲームではなかったので
放置同然にすることにした。通帳のお金も心細いし…

続きを読む
posted by クリス at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

イブラシルの長い午後M 第83回

太閤立志伝5で古田織部さんプレイ。
本能寺直前に獅子奮迅の働きで弾正忠をもらったので
この世界だと「古田弾正」として名が残るのだろうなあ。
茶器を作りまくっているから、逃げ弾正や攻め弾正と並び
茶弾正とか異名がついてそうだ…

続きを読む
posted by クリス at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

イブラシルの長い午後M 第82回

ヴィクトリア2で「驚異の引きこもり列強ニッポン」プレイを完走。
…したのはいいんだけど、圧倒的な地位を誇っていたイギリスが
共産主義者による革命とそのあとの白軍大反乱を制御できず
列強の座から一気に転落していったのがねえ…
これもまた「ありえた世界」なのだろう。

続きを読む
posted by クリス at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。