2015年09月24日

真夜中の探偵(ストーリーテリングゲーム)を遊んでみた日記

タイトルにあるように、真夜中の探偵といっても有栖川有栖の小説でもなければNight Walkerの方でもない。
コチラのゲーム である。

購入したものの積んでいた非電源ゲーに位置していたのだけど
ようやくプレイできる環境が揃ったので、遊ぶことに。

結論からいうと、「TRPGを協力プレイで遊ぶようなもの」といった感じのゲームでした。
主役である探偵をベースに、ダイスとサイコロの出目に合わせて物語を構築していくのが
このゲームなのです。

キャット&チョコレートに近いなー。とは一緒にプレイした人の感想。

私はTRPGに近いと思いました。
特にプレイヤーの想像力と信頼に支えられているところがTRPGとの類似点を彷彿とさせます。
ゲーム自体に勝利するのは淡々とプレイしていても可能
(真犯人に自分のトークンを多く乗せればよい)なのですが
それだけではまったく面白くないわけです。
このゲームの肝心なところは、「いかに『それっぽく』話をつなげていくか」なのですから。

そして、ゲームの面白さはプレイヤー同士の信頼にも支えられています。
今回は2名でのプレイだったため、キャッチボールといった感じでしたが
これが多人数となると、パス回しというか蹴鞠(協力してつなげる伝統競技)に近くなるでしょう。

いずれにせよ、話を破綻させようと思えば即座に出来てしまうシステムなのです。
悪意を持って「話をぶっ壊してやろう」というプレイヤーが一人でも混じっていた場合
ゲームは大変つまらないものになるでしょう。
樽いっぱいのワインに汚水を少し投入すると、樽全体が汚水になってしまうという真理が
このゲームにも適用されるからです。

また、ゲームの本質にとって違った本質を見出しているプレイヤーと遊ぶことも控えるべきです。
上にもありますが、ゲーム自体に勝利するためには
ストーリーテリングとは関係ない次元で努力する必要がありますから
仮に、「ストーリーを面白く作ることを目的としている」プレイヤーと
「ゲームに勝利することを目的としている」プレイヤーが同席すると
温度差のため、あまり盛り上がらない可能性も出てきます。

ですから、信頼の置ける間柄とのプレイをオススメします。
うまく話を繋げることが出来れば
TRPGの楽しいセッションを終えたときのような達成を得ることが出来ます。
そうなったときは、良質で面白い物語を読んだかのような
心地よい疲労感に包まれることが出来るゲームです。

個人的にはキャラクターを『名探偵コナン』の登場人物に置き換えたバージョンとかが
あっても面白いんじゃないかなと思いました。
というか、そういうの出たら真っ先に買いますぜ。
posted by クリス at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426650269

この記事へのトラックバック