2015年04月16日

ある日のヴィクトリア2プレイ日記(2015年4月15〜16日)

開発中の和製大型MODを入れて、南北戦争シナリオの日本でプレイ。
今回も超時空引きこもり列強プレイで、1回も戦争することなく終わった。
大戦発見前に、ドイツとイギリスが20年くらい延々とアフリカ植民地を取り合って戦争し
それで疲弊した影響か、ドイツは社会民主主義国家、イギリスはファシスト国家に。
フランスはブルボン朝の誰かが帰還したのか、絶対王政に逆戻りしたと思ったら
終盤にはナポレオンでも再来したのか、ファシスト国家として暴れる始末。
ロシアは朝鮮を始め、世界各地と戦争した煽りか共産主義者が蜂起しソヴィエト連邦に。
支配下に置いた朝鮮半島北部やシベリアで共産主義者が何度も蜂起してたのは見たので
そっちの誰かが政権を掌握したのかもしれない。
最後の方ではブルジョア独裁(裕福なマフィアたちが政権を握った?)のイタリアを
社会主義ドイツとソビエトが仲良くボコっていた。

なお、日本は政治意識の目覚めが遅かったのだが、婦人参政権は認められているという不思議国家に。
摩天楼のごとくそびえる各種工場で1万ポンド以上の利益を出しつつ
各地域に1隻ずつ弩級戦艦を配備し、近衛兵や歩兵で国の守りをかためていた。
今後の課題は、拡大しつつある共産主義に対する備えと社会保障の充実だろうか?
posted by クリス at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、ゲームのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417412390

この記事へのトラックバック