2014年09月28日

イブラシルの長い午後M 第90回

先日から地味にやっている信長の野望革新の伊達家プレイ。
徳川家を倒し、ついに畿内を中心に圧倒的兵力を誇る羽柴家との戦いに突入した。
九州を維持して羽柴と血みどろの抗争を繰り広げているはずの島津と手を組むか…?

続きを読む
posted by クリス at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

イブラシルの長い午後M 第89回

なんだかんだでハーツオブアイアン3をFTMまでは揃えることが出来た。
AIへの委任能力がハーツオブアイアン2よりも上昇しているため
IF世界の第二次世界大戦を、よりマクロな視点から楽しめる。
この勢いでTFHも入手したいが、なかなか手が出せないお値段だ…。

続きを読む
posted by クリス at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

イブラシルの長い午後M 第88回

『シャーリー』の2巻発売記念に合わせ
東京で開催されている原画展を見に行った。非常に素晴らしかった。
あれは行く価値がある。実に良い。
あと、あとがきマンガでの森薫先生のテンションが
1巻の時と似たような感じで、とてもよかった。
それより驚いたのは『シャーリー』の舞台がヴィクトリア朝ではなく
エドワード朝と明記されていたことである。
言われてみると、電気の話などは確かにエドワード朝の時代のことなので
(ゲーム『ヴィクトリア』でも電気の発明は20世紀前後である)
そう考えると、シャーリーの時代は「古き良きイギリス」なんだなあと思う。
ちょうど、同作者の『エマ』(ヴィクトリア朝)より明るいけれど
徐々に不安な足音が(イギリスだけでなく、全世界的に)近づいてくる頃合いなのである…

続きを読む
posted by クリス at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

イブラシルの長い午後M 第87回

今週末には森薫先生の『シャーリー』第2巻が出るのである。
1巻が出てから11年ぶりであり、嬉しい。
記念イベントを東京でやるそうなので、余裕があれば行きたい。
体調と予算に相談してみよう。


続きを読む
posted by クリス at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | DK3関連のこと(第五期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。